脳動静脈奇形の症状を知って早期発見につなげることが大事

症状を知る

レディ

症状の現れ方はさまざま

脳動静脈奇形と判断出来る症状は、脳内出血をもとに判明します。それは一番多い症状だからです。脳に症状が出てしまうということは、喋りづらくなったり片側に麻痺が起きたりしてしまいます。また、自分で異変に気づく症状として代表的なのが頭痛や、吐き気から来る嘔吐です。この他の症状でわかりやすいのが、てんかんです。片側だけで起こるけいれんや全般に起こるけいれんなどが脳動静脈奇形による症状だと考えられます。また、くも膜下出血も脳動静脈奇形によって発症する可能性のある病気なので気は抜けません。

異様な大きさで見つけやすい

脳動静脈奇形は頭部CTをや頭部MRIを使用しなければ診断が出来ません。それらで撮影した情報を元に、脳動静脈奇形かどうか判断されます。脳動静脈奇形は素人が見ても分かるほどに異様な大きさの物体が見えます。手術が決まれば、脳血管撮影などで詳しい検査が行われます。

治療方法を知る

脳内出血やくも膜下出血を起こせば、すぐに入院になり適した治療が行われます。安静第一なので、医者の指示に従って治療に専念することが大切です。そして治療の方法は外科による脳動静脈奇形の摘出手術が行われます。手術を決める際には年齢や脳動静脈奇形の大きさなどによって判断されます。また、手術を受けられない患者には血管内治療、もしくは放射線治療を行う場合があります。脳動静脈奇形のサイズが3cmを目安に小さければ、放射線治療であるガンマナイフが効果的な治療方法として選ばれています。しかし、放射線治療には効果が出るのに時間がかかってしまうものです。最低でも数ヶ月から数年かかるので、その期間を見越して治療の日程などを決めていく必要があります。血管内治療、いわゆるカテーテル治療と呼ばれるものは、脳動静脈奇形を小さくすることを目的とした治療方法です。小さくすることで手術によるリスクを軽減したり、放射線治療で治療が可能になるサイズまでにもっていくことが出来るようになります。手術が成功した後は、約2週間程様子を見て合併症や症状に異変がなければすぐに退院することが可能です。

症状に気づいたら病院へ

慢性的に頭痛で悩まされている方は多く、異変に気づくのは難しいかもしれません。そのため脳動静脈奇形の症状を少しでも当てはまるようならすぐに病院を受診して、検査を受けることが大切です。脳動静脈奇形は脳内で出血しやすいと言った特徴があります。そのため、くも膜下出血やてんかん、またはけいれんを起こしやすいと言われています。そのため、病院を選ぶ時には脳動静脈奇形に適した検査を受けられる専門機器が揃っている病院を選ばなければなりません。そのことから理由がわかるように、脳神経外科での診察を受けるようにしましょう。脳神経外科であればCTやMRIなどが揃っているはずなので、脳動静脈奇形を発見するために必要な検査が受けられます。

不安要素を調べよう

病気のサインなどが現れたりすると、誰だって不安になってしまうものですよね。こんな時に病気の原因や症状などを把握しておくと、もしもの際に初期段階で気づけるかもしれません。何事も情報収集が大切なので、気になる点や不安要素は調べていくことが重要です。

病気の不安を解決しよう

CTじゃなくても脳動静脈奇形は見つかる?

脳動静脈奇形は基本的にサイズが大きいことから、専用機器で撮影した時にわかりやすいです。病気を診断するためにはきちんとした検査が必要です。そのため頭部CTなどで適正な検査を受けることを推奨します。

脳動静脈奇形になる原因を教えて下さい

脳動静脈奇を引き起こしてしまう原因は未だ解明されていません。ただ年齢を重ねるごとにサイズが変わって大きくなってしまいます。だからこそ、異変に気づいたら病院を受診して早期発見・治療をすることが大切です。

広告募集中